伊藤忠商事と伊藤忠エネクスは5月17日、VOPAK Terminal Singapore、商船三井、Pavilion Energy Singapore、TOTAL MARINE FUELSとの間で、シンガポールでの舶用アンモニア燃料供給に関する共同開発に取り組むことに合意したと発表した。(ロゴは伊藤忠商事のHPから引用)

 

 伊藤忠商事は2020年6月、シンガポールにおいてアンモニア貯蔵タンク及び関連設備を保有運営するVOPAKと同目的の覚書を締結済みだ。今回、シンガポールで液化天然ガス(LNG)燃料供給事業を展開する商船三井、PAVILION ENERGY、TOTALの3社を迎え、同国における舶用アンモニア燃料のサプライチェーン(陸上・海上施設およびアンモニア燃料供給船)の共同開発を加速させるという。

 

(IRuniverse)